中古アパート経営のデメリット

中古アパート経営のデメリット

中古アパート経営にはデメリットが多くあります。
もし中古のアパートを購入し、アパート経営を始めようと考えている方は一度この記事を見てからアパートを購入したほうがいいでしょう。

まず一つ目のデメリットは築年数です。
年数が長ければ長いほどアパートを貸理てくれる人が減ってしまいます。その理由は建物が古く、見た目も悪いですし、内装の設備が時代に合っていない古い設備になってしまうことです。
アパートを貸りる時は見た目、設備を重視してアパートを貸りる人が多いので、アパートが空室になり、家賃収入が少なくなってしまう可能性が高いということです。

二つ目のデメリットは修繕費がかかってしまうことです。賃貸を考えている様々な人のニーズに対応していくには当然、内装設備、外観の見た目を良くするための工事が必要になってきます。また、壁紙を新しくしたり、屋根を修理したりするお金も必要になってきます。
最終的には新築アパートよりも全体的な費用が高くなってしまったということになりかねません。

三つ目のデメリットは新築物件とくらべて中古アパートはローンの審査が通りにくいことです。
その理由は、将来空き室リスクが高いため、銀行さんも牽制してしまうのです。そのため、中古アパートを経営するにはかなりの自己資金が必要になってきます。キレイモキャンペーン

最新投稿

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。